読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前の記事(「内なる神性(霊性)とどのようにつながり続けるか」)の補足

スピリチュアル

前の記事(「内なる神性(霊性)とどのようにつながり続けるか」)はこちら。 

mitsukirumi.hateblo.jp

 【補足1】

前の記事で「内なる神性(=無限)につながり続けられないだろうか。」と書いた。だが、時間が経ってふと気付いたことがある。【私たちが“それ”を欲したり、求めたりしている間は“それ”を手に入れることができない】ということだ。私はその言葉を内的な直感で得たのだが、今のところ事実のように思える。おそらく私たちはすべてを魂の内にあらかじめ持っていて(私が求めている「内なる神性につながり続ける方法」も)、そんな私たちに必要なのは欲したり求めたり探したりすることではなく、「目覚め」「思い出すこと」なのだろう。

【補足2】

内なる神性につながる方法のひとつとして「行いを正しくすること」と書いたが、これは何もいきなり歴史上の聖人のような行為をせよというわけじゃなくて、べつだん歴史に残らない行為――たとえばふだん使っている机をきれいにしてみるとか隣人にちょっと優しくしてみるとか、それでいいのだと思う。自分のできる範囲でやっていればいいのだと思う。