読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まず、クリアリング。

クリアリング

オラクルカードやチャネリングの講座の案内でよく「クリアリングの重要性」が語られているのですが、最近私もその必要性が分かってきました。というのは、私自身の心が過去のネガティブ感情でいっぱいなことに気付いたからです。過去のネガティブ感情は本人が忘れたと思っていてもずっと残っています。感情がクリアリングされていないと、オラクルカードや高次のスピリットの前向きなメッセージを受け入れにくくなってしまったり、ひどくなると前向きになりたくても不要なネガティブ感情にとらわれて動けなかったり……。恐怖、不安、嫌悪、否定感、孤独、さみしさ、無力感……それらの感情は、たとえ今では不要なものとなっても、消化されず私たちの心に残っているのです。

私は不要な過去のネガティブ感情をなんとかしなくてはと思い、ネットを検索。心と体両方のケアをしてくれる整体院や、ヒプノセラピーを扱っているサロン等を見つけました。ヒプノセラピーで自分のインナーチャイルドに会いに行くという発想に惹かれたものの、そのサロンがちょっと遠いのもあって、「自分でできる過去のネガティブ感情の解放の方法はないのかな?」と考えるようになりました。
そこで私は例によってハイヤーセルフや内なる神性らに祈り始めました。「ハイヤーセルフさま、私の内なる神性、守護霊様やガイドさんたち。私にできる感情のクリアリング方法はありますか?教えてください」。高次の存在は人間が助けを求めた際にかならず力になってくれます。そのとき、“問いかけ”の形にするのがポイントです。

その日は夜も遅かったので寝ましたが、突如いつもより早くハッキリと起きました。目が覚めた私は、ハイヤーセルフたちから教えられたのか、過去のネガティブ感情をクリアリングできる(かもしれない)方法を知っていたのです。

私は机に向かい、その辺にあったコピー用紙に「心に引っ掛かっていた、昔から今までのネガティブ感情の思い出」をひとつひとつ書き出していきました。自分が自分に対して抱いたネガティブ感情もあります。他人が私にした言動によって生み出されたネガティブ感情も、私が他人にした言動によって生み出されたネガティブ感情もあります。私はそれらを書き出しながら、「そんな私(or相手)を認め、許します。愛し、慈しみます。そしてこの思い出を天へ預け、委ねます」という言葉でひとつひとつの文を締めくくりました。それが一枚、二枚、三枚、四枚と続いて、ようやくその行為は終わりました。過去のネガティブ感情が一掃され、私は心地よい疲労と達成感、清々しい気持ちに浸ることができました。

私は他の人にもクリアリングをおすすめしたくなりました。いくら前向きな言葉を掛けられてもヒーリングを行ってもらっても、本人が過去のネガティブ感情にとらわれていれば根本的に変わることはむずかしい。「まず、クリアリング。」です。何より気持ちが楽になるのがいいところ。とはいっても私の試した方法は少し時間と労力が掛かるので、何か他にいい方法はないか思案しています。

クリアリングは一回限りで済むものではありません。なぜなら私たちは生きている限りネガティブ感情を次々に生み出すからです。毎日それを書き出すのは大変なので、一週間ごとという風に期間を設けて過去のネガティブ感情を消化してみようと思います。