読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私一人のために生きているのではなく、私一人で生きているのではなく

私は元来、すごく疲れやすい体質の持ち主です。病気というほどではないのですが、人よりも疲れるスピードがあきらかに早い。単に体力がないのかなあと何年かウォーキングを続けてみたのですが、あまり変わらなくて。朝起きたらもう既に疲れがたまっていて、その日は何もできずに寝ていることもありました。
「私はもうずっとこうなんだろうな~」と諦めていました。でも最近、私自身についてのちょっとした気付きがあったのです。

「私一人のために生きていて、私一人で生きている」とごく自然に思っている節があったと。
これまでは実際に私は私一人のために生きていて、それが当たり前のものだと考えていました。自分の体なんだからそう考えるのも無理はない気がしますが、そうではなくて、いまは「人や天のため、めぐりめぐって自分のために」生きていきたいとおのずから思えている自分がいました。
そして「私一人で生きている」ことについても、間違いであったのです。この体は天やハイヤーセルフ、私を守ってくれるスピリットたち、ご先祖さまと「有形無形問わず、私を支援してくれている方」とともに歩んでいるとふと気付きました。
いままで自分自身の体が霊的な意味で完全でないような印象を抱いてきましたが、「人や天のために、めぐりめぐって自分のために、天や私を支援してくれるスピリットたちとともに歩む」という認識を持つことで、私の体はようやく霊的に(ほとんど)完全になったような気がしました。

私はオラクルカードを使う際にまず天やハイヤーセルフ、私を守ってくれるスピリットたちにお祈りをします。また、チャネリングでは私を愛し信頼してくれる存在(ハイヤーセルフ)にふれることができました。おそらくこのような経験を積み始めたために、先ほどの気付きが頭に浮かんできたのでしょう。

「人や天のために、めぐりめぐって自分のために、天や私を支援してくれるスピリットたちとともに歩む」という認識を持つことで、実際に私の体に変化は起こるのでしょうか。さっそくウォーキングに行ってみました。ウォーキング自体久しぶりで、しかも普段よりも長いコースを歩いてみたのですが、いつもより疲れない!ついでに充実感もある!ということで、プラシーボかもしれないのですが(笑)ちょっとした実感を覚えています。