「すべてがうまくいく」世界

以前から内なる神性が私に向かって出しているサインに、「すべてがうまくいく」というものがありました。
内なる神性はそれにゆだねるように言ったものの、それは私にとってなかなか理解しがたい概念でした。世の中成功も失敗もある。それなのにどうしてこの世が「すべてがうまくいく」世界なのだろうと。実は、私はある勘違いをしていました。

私は自身の人間的な尺度でそれをとらえようとしていましたが、「すべてがうまくいく」のは霊的な尺度(たとえば天やハイヤーセルフ、高次のスピリットの視点)においての話だったのです。
たとえば先ほど話に出てきたように、人間からすると成功と失敗があります。人間にとって成功するか失敗するかは重大な話です。いっぽう、霊的な尺度で見るとこの世には失敗がありません。なぜならすべての出来事が人間の霊的な成長のための学び、経験になるからです。
私たちは人間としての喜びから嬉しいこと・楽しいこと・幸せなことを追い求めます。ですが、天やハイヤーセルフ、高次のスピリットは、ときに厳愛をもって不幸せ(と私たちには思える)な出来事をわれわれに与えます。なぜなら、そのような出来事も私たち人間の霊的な成長を促すからです。それもまた私たち人間へのギフトなのです。極端に言えば、嬉しいこと・楽しいこと・幸せなことだけでなく、あらゆる艱難辛苦にも手を合わせて「ありがとう」と言える人間、それらに心から感謝できるような霊的な尺度(視点)をもつ人間にとって、この世はまさに「すべてがうまくいく」世界なのです……。そのような人は天やハイヤーセルフ、高次のスピリットの視点でこの世を眺めています。

こんな風に書いていると、もしかしたらストイック(?)な世界観だと思われるかもしれませんが、私たちは艱難辛苦だけを味わうのではないことをくれぐれも忘れないでください。人間のもとには嬉しいこと・楽しいこと・幸せなことも天からの贈り物としてやってきます。私たちはそれをぞんぶんに味わっていいのです。

それで、これを書いているお前(みつき)はあらゆる艱難辛苦に感謝できているのか?と言われれば……できていないです(爆)苦しい状況ではジタバタし、逃げようともがいたり心のなかで不満ややりきれなさをぶちまけたりして、感謝の心はすべてが終わったのちに現れます。けれども最近は置かれた状況に感謝するまでの時間がちょっとずつ早くなっているような……という気がしています。気のせいかも(^_^;)

天やハイヤーセルフ、高次のスピリットが私たちの霊的な成長をどれだけ望んでいるか、われわれには想像しがたいところがあります。彼らは楽しいこと、嬉しいこと、辛いこと、悲しいこと……すべてを私たちに与えます。それは彼らが私たち人間の霊的な成長を願ってやまない“証”でもあるのです。