宇宙の中心からやってくる、人間が真に自由になるための意志の光

*今回の記事の内容は、ハイヤーセルフとのチャネリングを通して得た情報を再構成して文章にしたものです*

私たちは、本当に自由だと言えるでしょうか。
たしかに魂、身体、感情、マインドは自由です。むずかしいものもありますが、おおよそ自分の意志で「ひらかれていく」ことができるでしょう。けれど、もうひとつの自由が欠けています。その原因は私たちが本来持っているはずの機能がほとんど損なわれていることによりますが、そのため人間の自由は制限的で場当たり的なものになってしまい、私たちが本来の自由を感じづらくなっている状況がずっと続いています。

「それ」を具体的に何と呼べばよいのか、なかなかむずかしい話です。
「それ」は宇宙の中心からやってくる、私たちが真に自由になるための意志の光と言ったらいいでしょうか(他のサイトでは「宇宙意識」と呼んでいるところもありました)。
ともあれ、ここでは人間にとっての真の自由をもたらす意志の光が宇宙(天)から放射されているイメージを持っていただけたら幸いです。その光は皆に等しく降り注ぎ、ハイヤーセルフらはそれが私たちへ無事に届くよう見守っています。
なぜか私たち人間はこの意志の光を自然に受け取る機能がほとんど損なわれてしまっているようですが、それを受け取り、それに則って生きることこそが魂、身体、感情、マインドの自由に続く、人間の「霊的な自由」です。そのようにして私たちは人が本来持っていたあらゆる次元(領域)での自由を完全に取り戻すことができます。
ハイヤーセルフらは個々の人間が本来の人としての自由を取り戻し、霊的に成長してより高次の意識を持つこと、そしてハイヤーセルフ、ガイドといった存在と深いつながりを持つこと、さらには高次の意識として自由に行き来することを望んでいます。彼らがどれだけ人間の霊的な成長を切に願っているか、驚嘆するものがあります。

宇宙の真に自由なる意志の光に則って生きることが、どうして私たちの霊的な自由につながるのでしょうか。
それに則ってみずからをゆだねるとき、私たちは自分自身を手放すからです。
霊的な自由とは「“私”がなくなっていく自由」なのです。
「“私”がなくなる」と聞くと怖いと思われる方がいらっしゃるかもしれません。ところが実際はその逆で、私自身がなくなっていって宇宙の真に自由なる意志の光の一部となるとき、あらゆる次元での許し、歓喜、深い感謝が起こり、ゆるがない安心感のなかに包まれます。それを経験している人は自分を自分たらしめていたエゴの存在が小さくなっていくのを感じるでしょう。なぜなら「私」はもはや「私」でなくてよいからです。
自然と私たちは他者のために、宇宙(天)のために生きようと思えます。その思いが本当に自然なことだと感じられようになります。
これが私たちの本来のすがたです。

それでは、どのようにして私たちは意識的に宇宙の真に自由なる意志の光へと近づいていけるでしょうか。
もしそのイメージをはっきりと掴めているならチャネリングでつながることができます。私は意志の光に自分を引っ張り上げてもらうようなイメージングをしていますが、チャネリング自体の特性として異なったものにつながってしまう危険がつきまといます。

もうひとつの重要かつおすすめな方法は、私たち自身の奥にある「内なる神性」が出すサインに耳を傾けることです。
なぜ人間の奥底にある内なる神性が、宇宙の中心の真に自由なる意志の光と関係あるのでしょうか。私はその奥深い現象について説明できるほどの知識を持っていません。しかし私たちの内なる神性はたしかに宇宙の中心と並び、つながっているように思えます。
内なる神性はいつも私たちにサインを送っています。人によってさまざまなものの、ヴィジョン・音・体感覚・言葉などといったかたちで。そのサインに注意を向け、すこしずつ見えてくるものに信頼を置いてください。内なる神性に沿って生きるようになるとき、じょじょに私たちは人間本来の自由なすがたに還ることができるでしょう。