内観による私のセルフセラピー

f:id:mitsukirumi:20170525012948j:plain

私がセルフセラピーでよく用いている方法は「内観」です。うっかり忘れていることがなければほぼ毎日行っています。それはちゃんとした正しい方法ではなく、自分にとってとことん快適で心地いいやり方です。セルフセラピーは自分に合った方法を見つけていくのがいちばんですが、試しに「こんなことをしている」という参考として私のゆるゆるな内観を紹介してみたいと思います。ちなみに私は「セルフセラピーで自分をいたわり、はぐくみたいクライアント側」の立場であり、方法はセラピストや他者に施術を行う側によるものではないことをご留意ください。

そもそもなぜ内観かと言うと、もともと私は幼い頃から自分の思いをじっくり眺めるのが好きだったからです。ただそれを特別に意識してはいなかったため「好きなんだ」と気付いたのは成長してからでした。内観を通して自分を知り、心の奥深くにふれることは私の大きな喜びです。

まず時間を決め、横になって目を閉じます。瞑想やヒーリングのための音楽を掛けるときもあります(音量は小さめ)。自分の意識を体の内側へと向けてつぶさに観察していき、もし何かがあればそれを受け取ります。それは分かりやすいものばかりではなく、例えば「もろっとした何か」という風に何らかの感覚としてとらえることもあります。その感覚が何かを確かめていくために私は「問いかけ」によって自分の内側とやりとりします。試しに『この“もろっとしたもの”は何だろう?』と問いかけると、時にはクリアに、時にはぼんやりとそれが何なのかが感覚的に分かってきます。大抵の場合は私が今感じていたり未消化だったりする思いや考えです。その正体が掴めた後は「そうなんだ、今私はこんなことを思って(考えて)るんだ~」とただそれをじっとを眺めています。『これはいつ生まれたものだろう?』『この感情や考えをどのようしたらいいだろう?』とさらに問いかける時もあります。深刻なものでなければ、それに向き合うことで消化されていくようです。むずかしいものは時間を置いて、ちょうどよくなった頃にクリアリング(参考:まず、クリアリング。 - みつきるみの「セルフ・セラピー」のすすめ)します。とてもひとりで抱えきれない思いは専門家の方に相談してみた方がいいかもしれません。

私は日頃雑念の多い人間なので、横になって目を閉じてリラックスすると雑念がざーっと川のように流れている時もあります。ちゃんとした内観のやり方ではそれを排除するのかもしれませんが、私はそれを自分の中に流れる感情や考えとして受け止めています。そういった雑念も今の自分が何を思い、考えているかを知る手がかりになると思っています。『自分がなぜそう感じているか?』などを問いかけて、雑念の深くまで降りていきます。

逆に、自分の内側に意識を向けても何も見つからない時もあります。その時は今の状態をじっくり味わった後『私は今何を感じているだろう?』と自分に問いかけてみています。

おそらく誰でも、自分の内側に向かって問いかけた時には何かしらの反応が返ってくるはずです。ヴィジョンであったり、体感覚であったり。はじめは分かりにくいかもしれません。あいまいで具体的ではないかもしれません。しかし『これは何?何を意味しているのだろう?』と問い続けることによってじょじょにその正体が分かってきます。

こんな風に私は内観のセルフセラピーを行っています。大切なのはこれが正しいやり方ではなく「私自身が感じる心地よさを少しずつ取り入れていったもの」であるということです。内観だけでなく、文章を書くことや絵を描くこと、散歩、読書、自然にふれること、休息などのさまざまなセルフセラピーの方法を皆が自分に合った心地よいやり方で行うことができます。